読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

CentOS6.8でLAMP環境構築・PHP5.6へのアップグレード 

CentOS

CentOS6.8でLAMP環境を構築してみます。
今更ですが、LAMPLinuxApacheMySQLPHP ですよね。

Apache,PHP,MySQLをインストール

まず、ApachePHPMySQLをインストールします。

yum install httpd php mysql-server
yum install httpd php php-mysql mariadb-server ・・・MariaDBの場合)

 

インストールは特に問題なく行えるはずです。
Cent OS 6.8なので、標準ではPHP5.3がインストールされているはずです。
そこで、

 

インストール後にバージョンの確認をしてみます。

php -vphp --version)コマンドでバージョン確認してみます。

PHP 5.3.3 (cli) (built: Aug 11 2016 20:23:18)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

 

CentOS PHP5.3からPHP5.6へのアップグレード

Cent OS 6.8ではPHPは5.3系がインストールされていたことが確認できたため、
yumでPHP5.6にアップグレードしてみます。

コマンドは下記でよさそうです。

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

 インストールが完了すると、completeが表示されるかと思います。
なので、再度 php -v でバージョンを確認しましたが、

 なぜか5.3.3のままでした。
一度削除してみます。いいのかな?

yum remove php-*

 

リトライ。


今度はなんとなく異なる手順とバージョンで試してみます。
バージョンはPHP5.5。
実行コマンドは下記にしています。

yum install php55 php55-mbstring php55-mysql

[root@localhost ~]# yum install php55 php55-mbstring php55-mysql
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Setting up Install Process
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: mirror.0x.sg
* extras: mirror.nus.edu.sg
* updates: mirror.0x.sg
No package php55 available.
No package php55-mbstring available.
No package php55-mysql available.
Error: Nothing to do

あらら。うまくいっていない様子。

 

そこで一旦、下記コマンドでyumからphpをインストールしなおす。

yum install php 

これで、PHP5.3はインストールされるはず。


今度は、アップグレードは他の方の実施方法を参考にしてみます。 

参考にしたやり方は、Remiプロジェクトのリポジトリを使用し、
yumphpの最新バージョンをインストールしてみる方法です。

Remiのリポジトリで提供されているソフトウェアを
インストールする際には、EPELのリポジトリを準備する必要があるようです。

EPELのリポジトリはCent OSのyumリポジトリで提供されているとのことなので、
これをyumコマンドでインストールしてみます。

yum install epel-release

Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Setting up Install Process
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: mirror.0x.sg
* epel: mirror.premi.st
* extras: mirror.nus.edu.sg
* remi-safe: mirrors.thzhost.com
* updates: mirror.0x.sg
Package epel-release-6-8.noarch already installed and latest version
Nothing to do

何やらすでに最新版のEPELのリポジトリがインストールされていて、
何も更新されなかった模様。
そのため、Remiのリポジトリのインストール手順に進みます。

cd /etc/yum.repos.d

こちらに移動。

Remiのリポジトリは、yumでインストールせずに、
wgetでremi.repoをダウンロードする。

wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi.repo

--2016-08-16 07:28:28-- http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi.repo
Resolving rpms.famillecollet.com... 195.154.241.117
Connecting to rpms.famillecollet.com|195.154.241.117|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 1999 (2.0K) [text/plain]
Saving to: “remi.repo.1”

100%[=======================================================================================>] 1,999 --.-K/s in 0.008s

2016-08-16 07:28:29 (260 KB/s) - “remi.repo.1” saved [1999/1999]

 これでRemiリポジトリのインストールは完了したはずですので、
下記コマンドでphp5.6をRemiリポジトリよりインストールします。

yum -y --enablerepo=remi,remi-php56 install httpd php php-common

 

インストール後に、バージョンの確認。

php -v
PHP 5.6.24 (cli) (built: Jul 21 2016 07:34:25)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

ようやく、PHP5.6に!

 

PHP5.6へのアップグレード後の初期稼働確認

PHPの稼働確認を行うため、テストページを作成してみます。

vi /var/www/html/info.php

info.phpに下記内容を記載。(hello!! World! でもOK)

<?php
phpinfo();
?> 

 

Aapcheの起動

Apacheを起動します。

chkconfig httpd on

起動後の確認。
chkconfig --list httpd

httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off 

 /var/www/html/info.php にテストページを作成するが、

想定と違い真っ白な画面でした。

 Apachehttpd.confの記載が誤っているか、
HTTPの疎通が遮断されているか、だと思われますが、
それはまた明日以降に。