読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

アウトドア用のスノコテーブルをブライワックスで塗装してみた

冬休みの半分をインフルエンザで寝て潰してしまっていましたが、何かできることを捜して、思いついたのが、アウトドア用のテーブル製作と、その塗装です。

 

テーブル製作と言っても、ホームセンタータイム西市店で仕入れた既製品の脚と、テーブル部分にあたるすのこ(これまた既製品)を購入しただけなのです。

 

 

ただもちろん買ったものを、重ね合せるだけであれば、工作にもならないし、味気もない。

 

そこで登場するのは、

 

ブライワックス。

色合いはジャコビアンにしました。

 

 

ブライワックス・オリジナルBRIWAX(ジャコビアン)400ml

ブライワックス・オリジナルBRIWAX(ジャコビアン)400ml

 

 

 

こいつを、使って味のあるテーブルにしてみる計画です。

 

 

 

 

 

これが、テーブルの脚となる部分。

 

これは、艶出しをしている木材のため、本来ブライワックスを塗らない方が吉。

でも脚の部分と、机の部分とで色合いに差が出るよりか、近くなるなら塗ってしまおう!

ということで、ブライワックスを塗ることを決意。

 

それで、塗ってみたのがこちら。

f:id:dreamjourney:20170105230324j:image

 

今度は実際に目に触れて、物を置くスノコの部分です。

 

すのこはいきなりブライワックスを塗りません。

まずは、紙ヤスリで角やトゲが出ている部分を取っていきます。

丸みを持たせるまでは根気よくできないので、角に当たっても「痛い」と、思わないけど程度に滑らかにすることが目標。

 

そして、紙ヤスリで擦った後にブライワックスを塗ります。

柔らかい布で塗るのがおすすめです。

ただ布を塗った後、その布には引火性の高いブライワックスが付着しているため、布の処分の仕方には注意が必要です。

 

f:id:dreamjourney:20170105230344j:image

 

そして塗った後のスノコと脚の部分を組み合わせてテーブルに。

 

ラフに塗ったにも関わらず、満足の一品。オリジナルの、状態より愛着の湧く感じがたまりません。

 

f:id:dreamjourney:20170105230411j:image

 

 ちなみに耐荷重は不明です。

ブライワックスは余ってしまったので、塗りムラの激しい脚の部分へ塗ることとします。

 

 

我が家は冬キャンは未経験なので、これをキャンプに持ち出すのは、今春になりそうですが、

それまでは庭でコーヒー飲むときにでも使ってみる予定です。