読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

初心者キャンパーのファミキャンレポ。 in蒜山高原キャンプ場(10月1日-10月2日) No.2

Camp、Outdoor

今回、キャンプするのは蒜山高原キャンプ場

www.qkamura.or.jp

初心者にも安心の高規格のキャンプ場です。

設備や清潔感、安心度などどれをとっても岡山県内トップクラスです。
もちろんそのぶん費用はかかりますので、
いつもいつも高規格のキャンプ場に行くわけにはいきませんが(汗

 

さて、到着するや否や受付でチェックインの手続きをしましたが、
ついでに寝袋と毛布を少々レンタル。
レンタルした寝袋も毛布も、今どきのおしゃれ間はないですが、

 

色や程よい使用感などが、林間学校の時に使用した雰囲気を思い出させる一品。

わくわくしますね。

 

それらを手に取り、指定されたサイトへ移動。

小雨が降る中、設営開始。

まずはタープを広げ、

 

その後テントです。

以前、練習がてらに経ヶ丸オートキャンプ場でデイキャンプした際の手順を思い出し、、、、

dreamjourney.hatenablog.jp

 

完成。

f:id:dreamjourney:20161031221503j:plain

タープ用もキャノピー用のサブポールもないので、
写真のようにテントの入り口と、タープをドッキング。

ただ、ヘキサタープはSサイズなので、雨脚が強くなると、
チェアや足元へかなり雨が吹き込むことが予想されるため、
これを課題として、次回までに改善策を考えなければ。

ドッキング部分。

f:id:dreamjourney:20161031221517j:plain

キャノピー用のサブポール2本と、タープ用のサブポールの2本買うか、
どちらか2本にするか、迷います。

 

設営後。
コンパクトにまとまっています。
これだと解放感は低いですね。

そういえば、フライシートは初めて使用しました。
しわがあるのは気にしないように。

f:id:dreamjourney:20161031221641j:plain

 

一段落したので、キャッチボールしたり散策したり、
テント内をゴロゴロしたり、お話ししたりして、
普段ありえないくらいまったりと。

f:id:dreamjourney:20161031221553j:plain

 

f:id:dreamjourney:20161031221713j:plain

f:id:dreamjourney:20161031223627j:plain

 

場内を散策して気づいたのですが、
他の方の場所のほうが、見晴らしがいいことに気づきました。

もしかすると、予約のタイミングが遅かったか、
子供がいるとかで敬遠されたのかもしれませんが、
逆に、他を気にせず遊べたのでよかったです。

 

さて、キャンプ場の夜は早い、ということで、
16時から晩御飯作りです。

献立は定番のカレーライス

きれいな炊事場で野菜を切り、お肉も程よく解凍されていたのでクッキング開始。

シングルのカセットガスコンロなので、
ルーとご飯を別々のタイミングで作らねばなりません。

まずは、ルーから。

f:id:dreamjourney:20161031221816j:plain

 

f:id:dreamjourney:20161031221836j:plain

 

 

f:id:dreamjourney:20161031221741j:plain

 

続いて、飯盒ごはん

コンパクトながら4合炊けるので重宝しています。
ちなみに、前回、自宅で飯盒を使用したときに、
兵式飯盒だと、カセットコンロのごとくと形が合わず、
不安定だったため、100均で四角い小さな網を購入。
この網をかますと、予想通り安定感抜群。

無事にごはんが炊けました。

f:id:dreamjourney:20161031221745j:plain

 

お風呂は、蒜山休暇村の西館でゆっくり浸かり、
体を温め、疲れを取りました。

普段、仕事で家族と話をする機会も少ないのですが
この日は時間を気にせず、色んなことを家族で話せたのが、一番の思い出ですね。

 

 

10月2日のレポートは後日。