読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

CentOS6.8でiptablesの設定変更と、Apacheの設定変更

昨日、LAMPの環境構築に必要なソフトをそろえました。
また、標準で入っていたphp5.3系を、php5.6系にアップグレードしてみましたが、
結局画面は真っ白なままの状態だったため、対処してみようと思います。

 

昨日の記事です。

dreamjourney.hatenablog.jp

 

画面を見たところ真っ白でしたので、
ファイアウォールの設定と、Apacheの設定を疑うのが濃厚と考えます。

PHPは、まだiniファイルの設定等は行っていませんが、
現段階では優先度は低くてよいかと思います。

 

なので、まずは、

 

iptablesの設定変更から見てみましょう。

1. iptablesの設定変更

Cent OS 6.8 でのiptablesの編集を行います。

viコマンドで直接ファイル(/etc/sysconfig/iptables)を編集します。

編集前にまずバックアップ。

cp -p /etc/sysconfig/iptables  /etc/sysconfig/iptables.original

vi  /etc/sysconfig/iptables 

 

*filter  で、INPUTとFORWARDをDROPするよう設定変更する。

:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]

 /etc/sysconfig/iptables ファイルを直接編集する場合は、

 コメントを付けていったほうが、後から変更しやすくなる。

#ループバックを許可。
-A INPUT -i lo -j ACCEPT

#icmpのパケット受信を許可
-A INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT

# 新規セッションなのにSYNフラグの立っていないパケットは拒否
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW ! --syn -j DROP

 

などを設定しました。

設定を反映させるために、iptablesを再起動します。

service iptables restart

 

続いて、Apacheの設定ファイルを編集します。

2.Apacheの設定変更

Apacheの設定ファイルは、/etc/httpd/conf/httpd.conf です。

バックアップを取得してから、編集します。

cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf  /etc/httpd/conf/httpd.conf.original

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 

下記を追記しました。

ServerName localhost:80

 

また、併せて、ドキュメントルートの確認をします。

DocumentRoot "/var/www/html" 

設定変更後は、再起動を行います。

 

3.画面確認

http://127.0.0.1/info.php

へブラウザからアクセスし、画面表示されることを確認できました・

 

 

 

できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応

できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応