読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

長野で安曇野アートライン巡り~自然や青空と調和した美術館が心地よい

正直、筆者は美術館や博物館には興味はないのですが、
長野県内をドライブしていると、ふと多くの美術館を目にされるかと思います。

また、その感想と同時に、ドライブ中の鑑賞・観光スポットの一つとして
訪れたくなるような、そんな景観の美術館が多かったので、少しですがご紹介します。

 

安曇野ちひろ美術館

北安曇郡松川にある美術館で、

 

絵本作家のいわさきちひろさんに関する美術館のようです。

www.chihiro.jp

 

作品は、Instagramで「安曇野ちひろ美術館」で検索してみてください。
色遣いがポップだけど、絵は穏やかなで優しい気持ちにさせる、そんな作品が出てくると思います。

ここが良い美術館だと思ったのは、安曇野ちひろ公園に惹かれたからです。

 

f:id:dreamjourney:安曇野ちひろ公園と安曇野ちひろ美術館

訪れた当日、
天気は生憎の曇り空でしたが、緑の芝生が気持ちよく、穏やかな気持ちになります。

ドライブの疲れもとれ、癒されことができますよね。

ここは、春には梅や芝桜、夏や秋にも、いろいろな花が咲くようで、
とても華やかな雰囲気になれそうです。

今度は晴れの日に訪れたいと思います。

 

小諸高原美術館

小諸は長野県の最も東部にあり、その隣は群馬県軽井沢。
高浜虚子島崎藤村のゆかりの地でもあります。

 小諸高原美術館は、小諸市菱平の小高い丘にある美術館です。

外観。

f:id:dreamjourney:小諸高原美術館

 

ここの美術館は、その外から眺める景色が素晴らしい。
雲にたくさん覆われていますが、小諸高原・浅間山方面を望めば、爽快感が得られること間違いありません。

 

f:id:dreamjourney:小諸高原・浅間山方面の爽快な景色

 

安曇野山岳美術館

安曇野アートライン(http://azumino-artline.net/)の一つ。
山岳美術館、という名前に惹かれ訪れた美術館です。

住所は、長野県安曇野市穂高有明3613。

 

松林に囲まれた山小屋のような美術館が印象的。

f:id:dreamjourney:安曇野山岳美術館の外観

 

 

安曇野豊科近代美術館

安曇野豊科近代美術館は、その名の通り安曇野市豊科にある美術館。
ここも、安曇野アートラインの一つ。

f:id:dreamjourney:安曇野豊科近代美術館n

 

本当はもう少し鮮やかな色をした建造物なのですが、
カメラが安物なので、薄暗い色になっています。

ここは自然に囲われた雰囲気の美術館ではないですが、
青空との調和が綺麗だったので思わず訪れた美術館です。

安曇野市役所とも近く、街中にあり、目立つ外観のため、比較的訪れやすい場所であるかと思います。

こちらは南安曇野教育文化会館でしょうか。

f:id:dreamjourney:南安曇野教育文化会館の外観

 

 

志賀高原ロマン美術館

長野県下高井郡山之内町にある志賀高原ロマン美術館。

 

美術館は、美術館棟とレストラン棟とからなるのですが、
レストラン棟である、この円錐が、この美術館のポイントですよね。

f:id:dreamjourney:志賀高原ロマン美術館の円錐

この円錐が、意外と自然と調和していて、いい雰囲気を出しています。

美術館棟のほうはコンクリート打ちっぱなしで、チタンチップを埋め込んでいます。
これもまた木々に囲われているのが、新鮮なのですが、周囲の雰囲気を壊すことなく佇んでいるようでした。

f:id:dreamjourney:20160412224433j:plain

f:id:dreamjourney:20160412224445j:plain

 

いい写真がなくすみません。

 

近くで紅葉してました。

f:id:dreamjourney:志賀高原ロマン美術館周辺の紅葉

 

 

安曇野絵画館

f:id:dreamjourney:安曇野絵画館

 

信州新町美術館

f:id:dreamjourney:20160412224654j:plain