読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

たまごかけごはんが味わえる日本人でよかった

岡山県美咲町にある人気店「かめっち」。

「超」が付くほどの有名店。

f:id:dreamjourney:20151214223716j:plain

何が食べれるかと言うと

たまごかけごはん

ここが今年行ってよかったうちの一つです。

トピック「今年見に行ってよかったもの」

 

たかがたまごかけごはん

されどたまごかけごはん。

 

 

メニューはたまごかけごはん以外にもオムライスなどがあるが、
折角なのでたまごかけごはんを注文。

f:id:dreamjourney:20151214223733j:plain

↑の写真通りなのだが、ズバリ
This is the Simple Tamago On the Rice。

 

行ってよかった、と思えるポイントは、

①味

やや薄めの醤油がたまごの味を邪魔することなく、召し上がれる。
そのたまごは鮮度抜群とわかる盛り上がりと、透明度。
滑らかさも只者ではない。

たまごもごはんも おかわり自由で350円。
お味噌汁もお漬物もおいしい。
これはご飯が進んでマウ。
とはいえ、2杯が限界だったのは、男として情けなかった。。。

もう一品 娘のオムライスもおいしかった。
これはあっさりではなく、味がしっかりついていた。
おしゃれ感はなく『定食屋』としてのオムライスの味だった。

量も大人が満足できる量だった。

ちゃんとお子様用の器も用意してくれたのも、非常にありがたかったです。

②おもてなし

人気店とはいえ、待ち合わせ用の椅子と机を用意されていた。
また、屋根もあり雨の時などの配慮もされており、待たされる際のストレスの軽減に一役買っている点は見逃せない。

また、お店のすぐ横と、少し坂を登った2か所に公園もある。
特に、坂を登ったところにある公園は長めのローラー滑り台があり、
子どもたちが飽きずに待つことができ、
こういうのも一種のおもてなしだな、と脇で観ていて感心した。

また、待っている時間を使って記念写真の撮影も可能
定番の顔出しスタイル。

自分の顔がたまごかけごはんのトッピングになる。

こういう小さなポイントがマニアならずとも、
ファミリーの心をくすぐる。

子どもたちが笑顔になること間違いなし。

f:id:dreamjourney:20151214223748j:plain

 

 

③ロケーション

岡山市から津山に移動する道中にある。

国道53号線から北上している最中、いくらかお店はある。

15~25年前でこそ、「ドライブイン旭川」や、「すぎ茶屋」くらいしかなかったが、
近年「かばくろ」や「ヤマダデリ」など色々気軽に立ち寄りやすいお店が増えた気がする。

岡山市街地寄りにお店は増えた。
岡山と津山の中間点にあたる福渡付近にも立ち寄るお店はある。
ただ、「すぎ茶屋」を過ぎると食べ物屋さんがない。
そこを過ぎてしまうと津山まで行かざるを得ない。

「すぎ茶屋」で食べるか、津山までお預けか、
という二択に新しい選択肢を生んだのが「かめっち」だ。

国道53号線からは少し離れるが、目と鼻の先だ。
食べた後には、すぐ国道53号に戻り、颯爽とコンビニによりコーヒーを買う。

それだけで空腹との戦いに逃れ、満腹後の眠気との戦に勝利できる。

 

30年程、国道53号線を使っているが、
普段はノンストップで津山まで一気に駆け抜けるか、
信号のほとんどない『美作やまなみ街道』をすっ飛ばしていた。

それが今年、ようやく国道53号線を、ゆっくりドライブできる楽しみを見つけ出した気がする。