文系男子が日和るIT開発~IT知識なしで飛び込んだIT企業

文系男子だからIT企業に就職するなんて考えてもみませんでしたが、日和ながら日々くらいついています。

Windows10でPython3のインストール

Windows10版のPythonをダウンロードします。

https://www.python.org/downloads/

www.python.org

 

アクセスすると、すぐに「Download for Windows」と表示され、
Python 3.6.5」がダウンロードできるように見えるが、こちらは32bit版が何故かダウンロードされてしまった。

f:id:dreamjourney:20180531221651p:plain

 

f:id:dreamjourney:20180531221851p:plain

 

MyマシンにあわせWindowsの64bit版のインストーラーをダウンロードするために、「Windows x86-64 executable installer」を選択する。

f:id:dreamjourney:20180531222507p:plain

 

ちなみに、

過去の古いバージョン等が必要であれば、ダウンロードすることもできます。

f:id:dreamjourney:20180531221932p:plain

 

Pythonインストーラーのダウンロードが完了すると、
python-3.6.5-amd64.exe」というファイルがダウンロードできているはずです。

 

インストールします。

f:id:dreamjourney:20180531222722p:plain

 

インストール完了。

f:id:dreamjourney:20180531222756p:plain

 

 

Pythonをインストールした環境のPATHを通します。

 

左下のWindowsボタンを押し、「Windowsシステムツール」の中にある「コントロールパネル」を選択。

f:id:dreamjourney:20180531222842p:plain

 

コントロールパネルが開いたら、「システムとセキュリティ」を選択。

f:id:dreamjourney:20180531222848p:plain

 「システム」を選択。

f:id:dreamjourney:20180531222856p:plain

左側のメニュー音「システムの詳細設定」を選択。

f:id:dreamjourney:20180531222904p:plain

 

システムのプロパティが開いたら、「環境変数」ボタンから、
Pythonをインストールしたフォルダにパスを通します。

f:id:dreamjourney:20180531222915p:plain

 

Pythonを起動し、バージョン情報など実行できることを確認。

f:id:dreamjourney:20180531223146p:plain

 

 

実際にPythonのプログラムを書いて、実行してみます。

テキストエディタ(sakuraや秀丸など)を開き、下記記述を行います。

 

# サンプルコード
print("Hello World!!")
input() # 入力待ちにする。ウィンドウを開いたままとするため

 

記述出来たら、保存。

文字コードが設定できるテキストエディタであれば、「UTF-8」で保存するのが望ましいです。
ファイル名は「sample.py」で保存しましょう。

保存された「sample.py」をダブルクリックなどで実行すると、
Hello World!!」がPythonの実行環境で表示されれば、問題ありません。

f:id:dreamjourney:20180531223743p:plain

 

 

いちばんやさしい Python入門教室

いちばんやさしい Python入門教室

 

 

 

詳細! Python 3 入門ノート

詳細! Python 3 入門ノート

 

 

Rcmdrパッケージインストール失敗の続編

ミラーサイトからのRcmdrパッケージのインストールに失敗しましたので
CRAN(https://cran.r-project.org/web/packages/Rcmdr/index.html)から
ZIPファイルをダウンロードし、再度チャレンジ。

 

f:id:dreamjourney:20171028005459p:plain

 

画面中央よりやや下からダウンロード用のファイルへのリンクがあります。
各自の実行環境に合わせてダウンロードしてみてください。
私の場合は「Windows binaries:」の「r-release: Rcmdr_2.4-1.zip」を
PCにダウンロードしました。

 

ダウンロード後、コンソールの「パッケージ」メニューから、
「Install package(s) from local files」を選択すると、

f:id:dreamjourney:20171028010054p:plain

 

f:id:dreamjourney:20171028005937p:plain

となり、無事にRcmdrパッケージが展開できた模様。

 

「パッケージの読み込み」を選択し、一覧にある「Rcmdr」を選択。

f:id:dreamjourney:20171028010403p:plain

f:id:dreamjourney:20171028010420p:plain

 

f:id:dreamjourney:20171028010548p:plain

 

要求されたパッケージ splines をロード中です
エラー: パッケージ ‘RcmdrMisc’ が ‘Rcmdr’ によって要求されましたが、見つけられませんでした。

とのことで、またもや中断。
おそらくRcmdrMiscを追加でインストールしてあげれば解決しそうな予感。

 

 

同じ要領で、今度はCRANのRcmdr Miscのページ(https://cran.r-project.org/web/packages/RcmdrMisc/index.html)から、
ZIPファイルをダウンロード。

 

f:id:dreamjourney:20171028010814p:plain

Rcmdr Miscも無事に展開できました。

f:id:dreamjourney:20171028011047p:plain

 

CRANのRcmdrの画面(https://cran.r-project.org/web/packages/Rcmdr/index.html)を
見ると、
下記のような記述があるので、Rcmdr Misc以外にも、
「car」や「effects」も必要なのかもしれないため
併せてダウンロード&インストールすることとします。

「Depends: R (≥ 3.2.0), grDevices, graphics, methods, stats, utils, splines, RcmdrMisc (≥ 1.0-6), car (≥ 2.1-3), effects (≥ 3.0-1)」

 

f:id:dreamjourney:20171028011517p:plain

 

 

準備も整ったはずですので、再度Rcmdrを読み込みしなおします。

 

f:id:dreamjourney:20171028011630p:plain

 

ダメでした。

 

また、今度リトライ。

 

 

Rではじめるデータサイエンス

Rではじめるデータサイエンス

 

 

 

はじめてのR言語とRcmdrパッケージのダウンロードファイルの欠落問題

R version 3.4.2。

f:id:dreamjourney:20171028001853p:plain

 

R Studioのインストーラーのダウンロードがうまくいかず、
CRAN(https://cran.rstudio.com/)からダウンロード。

f:id:dreamjourney:20171028002245p:plain

 

なお、R Studio(https://www.rstudio.com/)の場合は、R Studio ダウンロードページ(https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/)からダウンロードするとよさそう。

FREE版を選択して、プラットフォームとファイル形式を考慮してダウンロードする。

だが、NWが重かったせいか、途中でダウンロードが止まり、失敗する事象に見舞われたため、断念。

f:id:dreamjourney:20171028002457p:plain

f:id:dreamjourney:20171028002559p:plain

 

通常の「R」のほうは、ダウンロードもインストールも難なく終わり、
迷うことなく実行環境が整うところまでいくでしょう。

インストールまでの方法は他のサイトにも多数掲載されているため
ここでは割愛いたします。

 

本題はここからです。

 

今回、Rコマンダーを使用したく、そのパッケージをインストールしようと考えています。
そこで下記のようにCRANのミラーサイトから、近い日本(東京)を選択し、
パッケージ「Rcmdr」を選択。

 

f:id:dreamjourney:20171028002029p:plain

f:id:dreamjourney:20171028003457p:plain

 

インストールは問題なく進んで行ったかのように見えたが、
Warningが。

f:id:dreamjourney:20171028001434p:plain

 

f:id:dreamjourney:20171028001202p:plain

 

Cドライブ内にZIPファイルがダウンロードされているのは確認できましたが
そのZIPファイル内には空の状態でした。

なお、私のPCでのデフォルトの環境では以下のパスにダウンロードファイルが格納されていました。

C:\Users\XXXXX\AppData\Local\Temp\RtmpgBKRpn

 

このような状態ですので「パッケージの読み込み」設定を行おうとしても、
一覧にはRcmdrパッケージが存在していない状態で、断念しました。

f:id:dreamjourney:20171028003859p:plain

 

 

Rによるやさしい統計学

Rによるやさしい統計学

 

 

 

木もれ陽の森キャンプ場~津山市周辺でのイチ押しキャンプ場なら

f:id:dreamjourney:20170909214808j:plain

 

木もれ陽(び)の森キャンプ場。
津山市街地から車で30分程度で行けるキャンプ場。
黒木キャンプ場の看板を目印に進むと、
看板があり、容易に見つけることができるかと思います。

ちなみに住所は「岡山県津山市加茂町黒木286」

木もれ陽の森キャンプ場を選んだワケ。

このキャンプ場は

続きを読む

岡山随一の綺麗な大佐山オートキャンプ場だが温泉探しに苦労した話

  • 我が家にとってのキャンプとは
  • キャンプ場選びの2つの基準
  • 大佐山オートキャンプ場のチョイス
  • 大佐山オートキャンプ場の近隣の温泉は「白梅の湯」
  •  大佐山オートキャンプ場はきれいなだけでなく、広場もよかった
  • テントとタープが流し台に干渉するミス
  • キャンプ定番のカレー
  • 大佐山オートキャンプ場フォト
  • ノルディスクの展示

 

我が家にとってのキャンプとは

我が家にとってのファミキャンと温泉は切っても切れない重要な関係性。

温泉があるからキャンプに行くし、キャンプに行くから温泉にも行く。

 

キャンプ場選びの2つの基準

我が家のキャンプ場選びの基準としているのは、高規格で清潔である、ということが一つの基準。

過去には、

続きを読む

Let's Try Kotlin 入門編 インストールせずJavaとの違いを体感する

  • はじめに。
  • Kotlin入門
  • Hello, World
  • JavaとKotlinの違い
  • 他にもまだあるJavaとの違い
  • 関数宣言
  • まとめ

 

はじめに。

書こう書こうととしていたKotlinのエントリ。

プログラムの記事って、作って試して他の言語と比較して、
ってやっていくとどんどん嵌っていくので、
こうしてエントリになるまで、どうしてもだいぶ時間がかかってしまいます。
或いは、
もうエントリにせず自分の世界の中だけの備忘録にしてしまいがちです。

ですが、今回はわりと重要な話だったので、ポイントだけ書くことにしました。

 

Kotlin入門

公式サイトはこちら

kotlinlang.org

 

100% interoperable with Java™ and Android

こう書いていますね。
Kotlinが今年一躍有名になった大きな理由が、

続きを読む

while文~シェルスクリプト

  • while文の構文
  • while文の概要
  • whileと[の間に空白を
  • ワンライナーでwhileを書く時のセミコロン
  • 無限ループ
  • while文と数値比較

 

シェルスクリプトで便利なwhile文について初歩的な部分のご紹介をします。

while文の構文

while [ 条件式 ] ; do 処理; done

while  [ 条件式 ]
do
    処理
done

 

while文の概要

while文は、条件式とその処理結果が真の場合、

続きを読む

VMWare PlayerへCent OS 7の再インストール(成功?

前回VMWarePlayerへCentOS 7のインストールができなかったので、リトライ。

 

dreamjourney.hatenablog.jp

 

前回は、「インストーラディスクイメージファイル(iso)」を読み込ませてインストールさせようとしたものの、
なぜかVMWare Playerが応答しなくなる状態になってしまいました。
何度か試したものの結果は一向に同じでしたので、別のやり方で試してみます。

 

別のやり方というのは、

続きを読む

VM Ware PlayerからCent OS 7のisoファイルが読み込めない

Cnet OS 7へのアップグレードを目論見、
CentOSのサイトよりダウンロード。

URLはこちらから。

Download CentOS

f:id:dreamjourney:20170425222621p:plain

 

今回は、Minimal ISOでCentOS 7を構築してみようと思います。
Minimal ISOは最低限のパッケージのみで構成されており、
HDDの容量も1GBを切る程度と、ディスクのコストを節約できる点がGood。

ということで

続きを読む

VM Ware PlayerでCentOS7を使用したかったが「応答なし」となる

  • 1.Cent OS 7移行方針転換
  • 2.Cent OS 7をダウンロード
  • 3.VM Wareへのインストール

 

 

1.Cent OS 7移行方針転換

Cent OS 6.8からCent OS 7へのアップグレードがなかなかうまくいかず、、、、 

dreamjourney.hatenablog.jp

dreamjourney.hatenablog.jp

 

その失敗談や行き詰ったところを簡単に紹介しましたが、

続きを読む